ガスメーターについて

ガスメーター(マイコンメーター)は、ガスの使用状況を常に監視し、危険と判断した時はガスを止めたり警告を表示する機能を持った保安ガスメーターです。
次の場合安全のためガスを自動的に止めます。

  • 1.お湯の出しっ放しなど必要以上に長時間ガスが流れた場合
  • 2.ガス使用中に震度5相当以上の強い振動を感知した場合
  • 3.ガス配管の圧力が低下した場合
  • 4.ゴム管が外れてガスが漏れた場合
  • 5.メーター電源である電池電圧が低下した場合

ガス漏れがなければ、以下の手順に従ってガスメーターの復帰操作を行ってください。

ガスメーター(マイコンメーター)液晶表示画面

ガスメーター(マイコンメーター)の復帰操作

1.器具栓、ガス栓を閉じるか、運転スイッチを切り、すべてのガス器具を止めてください。
※ガスメーターのガス栓(メーターコック)は閉めないでください。

2.ガスメーター(マイコンメーター)の液晶窓の表示を確認してください。
このとき液晶窓のアルファベットと「ガス止」の表示が出て、赤いランプが点滅していれば、ガスメーターがとまっています。
左側の復帰ボタンを奥までしっかりと押してください。再度、赤ランプが点滅します。
※ボタンを押し続けたり、何度も押さないでください。

3.ガスメーター(マイコンメーター)が、ガス漏れが無いか安全確認をしますので、約1~3分程度お待ちください。
ガス漏れがないか確認をしています。

4.異常がなければ、赤ランプの点滅が消えてガスがご使用になれます。
※3分経過後も、赤ランプの点滅が続く場合は、ガス栓の閉め忘れがないか確認して、もう一度やり直してください。

このページの先頭に戻る