いちたかガスワン カーボンニュートラル宣言いちたかガスワン カーボンニュートラル宣言

自らの事業活動の低炭素化を図るとともに、
低炭素商品・サービスの
開発や展開に積極的に
挑戦しています。

ガスでも
カーボンニュートラル

電力の再エネ化だけでなく、ガスもカーボンニュートラルとしたものの開発がいろいろな方法で進められています。
いちたかガスワンではカーボンニュートラルガスへの挑戦をはじめ、低炭素な燃焼機器・住宅設備をご提案しています。
ガスや灯油は、北海道に欠かせない高カロリーなエネルギー。
新築のコージェネレーションシステムはもちろん、「いまの家を大事に使っていく」というCO₂の削減も支援しています。

みんなでCO2削減!札幌時計台の電力もいちたかガスワンでカーボンニュートラル!

低炭素社会の実現に向けて

ご家庭でもできる、CO₂の削減!

高効率ボイラーで削減高効率ボイラーで削減

排熱利用で効率のよいボイラーや、発熱のできるボイラーを利用すれば、従来型に比べガスや灯油、電気(火力発電)を大幅に減らすことができます。CO₂を減らすことは、光熱費を減らすことにも。

排熱利用で効率のよいボイラーや、発熱のできるボイラーを利用すれば、従来型に比べガスや灯油、電気(火力発電)を大幅に減らすことができます。CO₂を減らすことは、光熱費を減らすことにも。

ガス ecoジョーズ

ガスを熱源とするエコジョーズは熱効率を従来型の80%から95%にアップすることにより、ガスの使用量が抑えられます。その結果として、CO₂の排出量も従来型に比べて大きく(約13%)削減が可能となりました。

灯油 エコフィール

これまでの石油給湯器は排気とともに熱エネルギーを空気中に排出していました。エコフィールは、その排気を上手に利用することで従来型に比べて省エネ・CO₂の削減(約18%)を実現しました。

※コロナ 石油ボイラーの場合

従来の暖房;給湯機器を高効率なエコ機器に替えるとCO2排出を13〜18%削減

省エネ機器でCO2削減

太陽光発電で削減太陽光発電で削減

自然エネルギーでCO2削減

当社では住宅用太陽光発電システムや蓄電池の取り扱いはもちろん、メガソーラー発電所「エネワンソーラーパーク千歳」を建設。2015年12月より発電開始し、北海道電力ネットワークへ電力を販売しています。年間推定発電量は一般家庭約620世帯分の年間消費量(約224万kWh)に相当しています。

断熱リフォームで削減断熱リフォームで削減

家の断熱を改善することで、お部屋の冷暖房を減らしたり、ボイラーへの入水温度を上げることにつながります。快適と削減が両立できます。

暖房を節約できる窓でCO2削減

高断熱のトリプルガラスで室内を温かく。エネルギー消費の削減で環境に配慮。※YKKAP

冷めにくいお風呂でCO2削減

高断熱浴槽により従来より高い保温効果。追い炊き回数を減らすなど、家庭のCO₂排出量を低減する商品。

エネワン でんき カーボンニュートラルエネワン でんき カーボンニュートラル

CO2排出実質ゼロの電力 カーボンニュートラルでんき 実質再エネプラン

エネワンでんきは、再生可能エネルギー発電の持つ「CO₂(二酸化炭素)を排出しない」という環境価値を非化石証書という
仕組みを利用して供給する電気に与え「実質再エネプラン」の皆さまのもとへお届けします。

実質再エネプランの詳細はこちら

北海道の家庭におけるCO2排出の46.9%が電力利用によるもの北海道の家庭におけるCO2排出の46.9%が電力利用によるもの

環境省「令和2年度家庭部門のCO₂排出実態調査」より

実質再エネプランが実現する効果

ガスワングループの北海道内の全事業所でも利用しています